職業ラボでは将来なりたい職業を色々な角度から紹介しています。男子に人気の職業や女子に人気の職業など、これからの子供たちの為に役立つことを目的としたサイトです。まだ未掲載の職業があったらご連絡ください。

welcome

子どもが抱く将来なりたい職業はそれぞれの時代や世相を大きく反映させたものになります。 時に思いもよらぬ仕事がランキング入りした事で大きな話題になることもあるのですが、男子部門ではどのような仕事に人気が集まっているのでしょうか。 将来なりたい職業については各種媒体で毎年のように盛んにアンケート調査が行われていますのでそれぞれで若干の差異もあるのですが、およその職業は似たものが挙げられるのです。

welcome

まず小学生の男子部門では自身の夢を率直に答えるケースが多くなります。 ランキングで人気第1位はサッカー選手や監督、第2位は医師、第3位は野球選手、第4位はゲーム関係(クリエーターなど)、第5位はシェフや調理師などが挙げられます。 続いて第6位からは学校の教師、バスケットボール選手やコーチ、建築士などが挙げられ、第9位からそれ以降に関しては同列で自動車関連、テニス選手、漫画家、宇宙飛行士・宇宙関連、警察官や警察関連などが挙げられます。

中学生の男子部門では単なる夢ではなくやや現実的な面も見えてくるようになります。 人気第1位は野球選手、第2位はサッカー選手、第3位は学校の先生、第4位は医師、第5位は公務員などが挙げられます。 続いて第6位からは技術者、エンジニアや整備士、車の整備士やカーデザイナー、ゲームクリエイターやゲームプログラマー、芸能人(歌手・声優・お笑いタレント)、法律家(裁判官・弁護士・検察官)などが挙げられます。

さらに高校生の男子部門ではより具体的ではっきりとして将来について考えるような年頃になります。 人気第1位は学校の先生、第2位は公務員、第3位は医師、第4位は理学療法士・臨床技師・歯科衛生士、第5位は薬剤師などが挙げられます。 続いて第6位からは警察官、研究員・大学教員、エンジニア・技術者・整備士、法律家(弁護士・検察官・裁判官)、消防士(レスキュー・救急究明士)などが挙げられます。 このようにいずれの年代でも将来なりたい職業について共通する部分がある一方で年齢と共に成長の痕跡が見られます。